Dental Clinic information/  ロゴ

歯科助手の資格について

歯科助手の資格について

歯科助手とは、医師や歯科衛生士さんの手助けをするアシスタントです。
受け付けや会計などの事務作業や、患者さんの案内、歯科指導などの仕事があります。歯医者さんの顔として、患者さんの治療への不安を和らげ、優しくコミュニケーションが取れる元気で明るい方が好まれます。
特に資格は必要でなく、誰でもなれる職業ですが、専門知識が飛び交う現場に、全くの無知で行くのは、大変な苦労をようします。
最近は、民間で歯科助手の資格を取れる所がでてきました。助手は資格がなくても働ける仕事と言っても、無経験、無勉強では医院も、採用をしぶります。
たとえ未経験でも、資格があれば、知識はあるとわかってもらえて、歯科への採用に近づきますし、働いてからもスムーズに仕事を進められ、職場でのコミュニケーションも取りやすくなります。
また、歯科は身近な医療機関として、街にはたくさんありますし、正社員は勿論、パートやアルバイトの求人もあり、主婦の再就職にも人気の職業です。


一生を自分の歯で過ごすための予防歯科

昔は、歯医者は虫歯になって痛みが我慢できなくなった時に、治療の為に行くところというイメージでした。しかし最近は、虫歯にならない為に歯医者に行くという、予防歯科という観点が広がりを見せています。
虫歯になった歯は、削って銀歯などの詰め物をする治療を行いますが、歯は一度削ると寿命が10年縮むとされています。入歯ではなく、一生を自分の歯で過ごす事が出来るのは、とても嬉しい事です。食べ物をかみしめた感触も、自分の歯と入歯では違いますし、話しやすさやも変わります。歯が健康なうちは気づきにくいですが、なくしてしまったら、もう生えてはこないので、大切に使い続けるしかありません。
歯の寿命を長く保つためにも、歯を削らないように虫歯を防ぐことが大切です。そのためには、定期的な健診を行い、もしもの虫歯にも早期発見できるようにするという、予防歯科が普及してきました。特に乳歯は弱く、虫歯になりやすいので、歯が生え始めた1歳くらいから、定期検診を始める事が勧められています。専門医に診てもらう事で、歯の生え具合も相談できますし、保護者の方へお子様の歯磨き指導も行えます。虫歯になりにくくするフッ素を塗布する治療を、健診と併用する場合も多いです。乳歯が虫歯になると、生え変わる大人の歯へも悪影響があります。歯並びが悪くなったり、健康な歯が生えない事もあります。
一生を自分の歯で過ごすためには、乳歯の頃からのケアが大切です。

Favorite

結婚式(挙式・披露宴)、二次会、1.5次会の写真撮影、ビデオ動画撮影ならお任せください!

大阪 結婚写真

地元で愛されている喜多方ラーメンをネット通販で購入!

喜多方ラーメン

ヴィンテージ系の雑貨やアンティークランプが並ぶセレクトショップ。

アンティークランプ

Last update:2017/6/22




Dental Clinic information/ リンク